新型「PS5 (Slim)」の定価は税込¥66,980に!推移も紹介【2023年11月再値上げ】

新型「PS5 (Slim)」の定価は、通常版が¥66,980(税込)、デジタル・エディションが¥59,980(税込)になりました(23年11月再値上げ)。

2020年11月に、ソニーの家庭用ゲーム機「PlayStation 5 (プレイステーション・ファイブ)」が発売されました。

それが、2022年9月15日より1度目の値上げが行われて、両モデルともに従来よりも¥5,500高くなりました(参考: 一部の国・地域におけるPlayStation®5の希望小売価格改定に関するお知らせ – PlayStation.Blog 日本語)。

そして、2023年11月10日に薄型・軽量化した新型「PS5 (Slim)」の発売に合わせて2度目の値上げが行われ、通常版が約¥6,500、デジタル・エディションが約¥10,500の値上げとなりました(参考: 新デザインのPS5®をホリデーシーズンに向けて発表! ストレージは1TBに拡大し、Ultra HD Blu-rayディスクドライブが着脱可能に – PlayStation.Blog 日本語)。

「PS5 通常版」の発売時の価格は定価¥54,978(税込)で値上げ後は定価¥66,980(税込)、「PS5 デジタル・エディション」の発売時の価格は定価¥43,978(税込)で値上げ後は定価¥59,980(税込)となっています。

そんなわけで今回は、「新型PS5(Slim)の定価は税込¥66,980」について見ていきましょう。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥66,980 (2024/04/15 09:23:48時点 Amazon調べ-詳細)

▲新型「PS5 (Slim) 通常版 CFI-2000」はこちら

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥59,980 (2024/04/15 11:07:14時点 Amazon調べ-詳細)

▲新型「PS5 (Slim) デジタル・エディション CFI-2000」はこちら

新型「PS5 (Slim)」の定価は税込¥66,980に!推移も紹介【2023年11月再値上げ】

「PS5」の定価推移

定価(税込)
23年11月10日以降
(新型 Slim)
定価(税込)
22年9月
(旧型)
定価(税込)
20年11月
(発売時)
PS5 通常版¥66,980¥60,478¥54,978
PS5 デジタル・エディション¥59,980¥49,478¥43,978
SSDストレージ1TB825GB825GB
UHD BDドライブ¥11,980

新型「PS5 (Slim)」の定価は、通常版が¥66,980、デジタル・エディションが¥59,980となってて、価格差は¥7,000となっています(23年11月10日以降)。

「PS5」は、2022年9月15日より1度目の値上げが行われて、両モデルともに従来よりも¥5,500高くなりました。

2023年11月10日には薄型・軽量化した新型「PS5 (Slim)」の発売に合わせて2度目の値上げが行われ、通常版が約¥6,500、デジタル・エディションが約¥10,500の値上げとなりました。

新型「PS5 (Slim)」では、内蔵されているSSDストレージの容量が825GBから1TBへ増加しています。

発売時の2020年11月の定価は、通常版が¥54,978、デジタル・エディションが¥43,978だったため、「PS5」の定価は発売時から¥12,000〜¥16,000値上げされたことになります。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥10,500 (2024/04/15 15:47:59時点 Amazon調べ-詳細)

▲新型PS5(Slim)用「UHD BDドライブ」はこちら

競合他社との比較

定価(税込)
ASUS ROG Ally¥89,800〜
PS5 (Slim) 通常版¥66,980
Steam Deck¥59,800〜
PS5 (Slim) デジタル・エディション¥59,980
Xbox Series X¥59,978
Nintendo Switch 有機EL¥37,980
Xbox Series S¥37,978
Nintendo Switch¥32,978
Nintendo Switch Lite¥21,978

続いては、「競合他社との比較」について見ていきます。

「PS5 (Slim)」をゲーム機の競合他社である「Nintendo Switch」、「Xbox」、「Steam Deck」、「ASUS ROG Ally」と価格を比べてみました(23年10月11日時点)。

「PS5 (Slim) 通常版」が約6.7万円、「Steam Deck 64GB」、「PS5 (Slim) デジタル・エディション」、「Xbox Series X」が約6万円でほぼ同じ値段となっています。

「Steam Deck」は、「PS5」や「Xbox Series X」にはスペックが劣りますが携帯モードで遊べるのが魅力なので、好きな場所で遊びたい方には選択肢としてアリだと思います(参考: Steam Deck)。

さらに、「PS5」に迫るグラフィック性能と言われる「ASUS ROG Ally (エイスース アールオージー エイライ)」も人気を集めてきています(参考: グラフィック性能はPS5に迫る! 7型ゲーミングUMPC「ROG Ally」速攻レビュー – 価格.comマガジン)。

「ASUS ROG Ally」は下位モデルの「Ryzen Z1」が¥89,800、上位モデルの「Ryzen Z1 Extreme」が¥109,800となっていて、携帯モードで快適に遊びたい方にオススメになります。

▼「ASUS ROG Ally Ryzen Z1 Extreme」はこちら

ディスプレイが良くなった(処理能力はSwtichと同じ)「Nintendo Switch 有機EL」と「Xbox Series S」が約3.8万円で、「Nintendo Switch」が約3.3万円となります。

▼「Nintendo Switch 有機ELモデル マリオレッド」はこちら

created by Rinker
任天堂
¥37,980 (2024/04/15 13:50:18時点 Amazon調べ-詳細)

「Xbox Series S」は4Kには非対応なものの、「Xbox Series X」と同じゲームソフトが遊べるため、コストパフォーマンスが高い製品となっています。

携帯専用の「Nintendo Switch Lite」が約2.2万円で現行のゲームハードでは最も安価となっています。

▼「Nintendo Switch Lite」はこちら

created by Rinker
任天堂
¥21,970 (2024/04/15 13:50:19時点 Amazon調べ-詳細)

新型(Slim)「デジタル・エディション」のコスパが悪くなった?

2023年11月10日に発売される新型モデル(Slim)から、「PS5 通常版」と「PS5 デジタル・エディション」の価格差は¥7,000となっています。

値上げ前の旧型モデルでは価格差が¥11,000だったので、「PS5」を安く手に入れるために「デジタル・エディション」を選択する方法もアリでした。

「PS5 (Slim)」からはディスクドライブが着脱式になり、「Ultra HD Blu-rayディスクドライブ」も別売りのオプションで販売されています。

新型の「PS5 (Slim) デジタル・エディション」を買って後からドライブを追加することも可能ですが、ドライブの価格が¥11,980します。

これなら最初からドライブ付きの通常版を買った方が安く済むため、「デジタル・エディション」のポジションが微妙になってきます。

また、販売価格も発売時は¥43,978(税込)と安価でしたが、2023年11月の新型からは¥59,980と発売時から約¥16,000も値上げされました。

このことから、「デジタル・エディション」のコスパが以前より悪くなってしまいました

新型「PS5 (Slim) 通常版」の値上げ幅を考慮しても、「デジタル・エディション」は¥55,000くらいが妥当だったと思います。

▼新型「PS5 (Slim) 通常版 CFI-2000」はこちら

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥66,980 (2024/04/15 09:23:48時点 Amazon調べ-詳細)

▼新型「PS5 (Slim) デジタル・エディション CFI-2000」はこちら

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥59,980 (2024/04/15 11:07:14時点 Amazon調べ-詳細)

▼HDMI 2.1 120Hz対応の有機ELテレビ「LG C2」もオススメです

created by Rinker
LG
¥110,498 (2024/04/14 21:20:41時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『新型「PS5 (Slim)」の定価は税込¥66,980に!推移も紹介【2023年11月再値上げ】』についてご紹介しました。

このように、「PS5 (Slim)」の定価は、通常版が¥66,980(税込)、デジタル・エディションが¥59,980(税込)になりました(23年11月値上げ)。

「PS5 (Slim)」を、競合他社の「Nintendo Switch」、「Xbox」、「Steam Deck」と比較すると、高額な部類に入っています

「PS5 (Slim) デジタル・エディション」は少し安く入手できますが、以前よりもコスパが悪くなっています

皆さんも、「PS5」を定価でゲットして、快適に遊んでみてはいかがでしょうか。